トップ > 4.健康豆知識

ヒザの痛みが3分で楽になる方法

ひざ痛患者の場合、内股関節(ビートたけしさんのギャグでコマネチってやるところ)の靭帯が緊張しています。

内股関節は普段あまり強化されていませんので、よく運動させることが必要です。

どうすればいいかは歩くことです。歩き方は大股で早歩き。そうする事で大腸の調子が良くなり、大腸の調子が活発になると背筋力の働きが活発になり猫背が減ります。

その効果は都会で電車通勤通学している地区の人の健康状態をみれば一目瞭然です。地方(特に寒冷地)は自家用車の依存が高く、歩行が著しく少なく歩く速度が遅い。

結果として大腸がんの発生率が高く、高齢者の背中が前傾に曲がる人が地方には多いです。(ひざ痛も地方の方が多いはずです)

速歩以外では、相撲のしこふみが効果的。ひざ痛の方にしこを3分ふませただけで痛みが軽減しています。

ページトップへ
Copyright (C) 八戸市・整体・カイロ All Rights Reserved.